動画の再生速度を上げると時間に余裕ができます

2020年1月21日

今回は「動画の再生速度を上げること」について書きます。

動画コンテンツが溢れている

テレビだけの時代ではなくなった

以前はテレビが動画の主流で、選択肢がありませんでした。

しかし最近はYouTubeをはじめ、あらゆる動画サービスが存在します。

動画は予想以上に時間を奪っている

それぞれのサービスは魅力的なコンテンツを発信して、

私たちの時間を消費させようとします。

それがサービスの目的なので当然ですね。

若者のテレビ離れが進んでいるというニュースを耳にしますが、

実際にはテレビが別の動画サービスに置き換わっているだけです。

油断していると貴重な時間が動画に奪われてしまいます。

どのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。

動画を見ないというのが一番

当たり前ですが動画を見るのをやめてしまえば時間を奪われません。

ただ全く見ないのが幸せにつながる人も少ないはずです。

誰でも好きな番組、動画はありますよね。

好きな動画を見つつも時間を確保するために

私は次のことを実践しています。

動画の再生速度を上げる

私は動画を見るときは動画の再生速度を上げています。

これなら時間を短くしながら動画を楽しむことができます。

テレビ番組はそのために録画しています。

私の場合には動画にもよりますが、

1.5~2倍速再生をしています。

2倍速以上でも理解できます。

しかし私の頭では理解するのが限界で楽しむことができませんでした。

情報発信系、バラエティは速度を上げても大丈夫

私は情報発信系とバラエティの動画をよく見ます。

ゆるミニマリストを名乗っていますが、私にはテレビのバラエティ番組が必要です。

毎週録画リストにいくつかの番組をいれています。

しかしありがたいことに、このジャンルは再生速度を上げても問題ありません。

時間をかけずに動画を楽しむことができます。

ドンドン再生速度を上げていきましょう。

慣れていない場合は少しずつ再生速度を上げていく

実際にやってみると思ったより会話がはやく、

理解できないという人もいるようです。

これに関しては慣れの問題でもあるので

少しずつ再生速度をあげていきましょう。

気がつけば2倍速でも理解できるようになっています。

集中力のトレーニングにもなる

速度を上げた動画を理解するのは集中力が必要です。

なので動画を見ているだけで集中力のトレーニングになります。

集中することで会話の流れまで読めるようになり、

次にどのような話をするか予想できてくるかもしれません。

速度を上げない方が良いものは?

基本的に動画を見るときには、再生速度を上げています。

しかし速度を上げることをおすすめしない動画の種類もあります。

見ている時間そのものが楽しい動画

1つ目は「見ている時間そのものが楽しい動画」です。

これにはドラマ、映画などが該当します。

自分の感情が変化するような動画は

再生速度を上げると感情が動画についていけなくなります。

これでは見ている意味がありませんね。

このような動画はそのまま楽しむのがおすすめです。

速度を上げるとつまらなくなる動画

2つ目は「速度を上げるとつまらなくなる動画」です。

これも上と少し似ています。

私の場合では「お笑いのネタ」がこれに該当します。

お笑いのネタは速度を上げると、

ボケを認識する前にツッコミがきてしまいます。

何か変な事を言ったのかがわからなくなり、笑えませんでした。

なのでお笑いも再生速度を上げずに見てください。

まとめ

動画の再生速度を上げるメリットについての記事でした。

共感していただけたら是非挑戦してみてください。

動画の目的に応じて再生速度を調整できれば、時間に余裕ができるはずです。

  • この記事を書いた人

はま

東京都心で意識低めの快適ライフを満喫中。 慶應の大学院を卒業し、現在はITベンチャーで働いています。 1994年生まれの社会人2年目。 持ち物や暮らしに関する記事を投稿しています。 Twitterもやっていますのでフォローよろしくお願いします。

-GADGET

Copyright© 快適ライフログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.